アルフレッサHD/個別化医療支援プラットフォームで協議会設立

2021年02月22日 

アルフレッサホールディングスは2月22日、子会社のアルフレッサが、個別化医療支援プラットフォーム「NOVUMN(ノヴァム)」のサービスを利用する医薬品卸売企業と共に協議会を設立すると発表した。

<参画企業全22社(アルフレッサグループ企業以外は50音順)>
20210222alflesa 520x512 - アルフレッサHD/個別化医療支援プラットフォームで協議会設立

アルフレッサとPHCおよび富士通Japanの3社は、RFID、クラウド型インフラ基盤および IoT技術等を活用した個別化医療支援プラットフォーム「NOVUMN」を共同開発し、医療機関に対する商用サービスの提供を開始している。

NOVUMNは、微細・微小な温度等の変化によって有効成分が変質してしまう可能性のある特殊医薬品に関して、製品流通の全ての段階にわたる厳格な温度管理や、医薬品の製品一つひとつのトレーサビリティの把握に加え、医薬品卸売企業や医療機関における特殊医薬品のより適切な在庫管理機能等を実現している。こうした機能を通じ特殊医薬品のサプライチェーン全体の最適化を図ることを目的としている。

アルフレッサは、NOVUMNの普及を通してこの目的の実現を目指すため、NOVUMNのサービスを利用する医薬品卸売企業22社、PHC及び富士通 Japanと共に、2021年3月1日に「個別化医療・医薬品トレーサビリティ協議会を設立することになったもの。

協議会に参画する企業は、特殊医薬品のサプライチェーンの最適化を図るため、個別化医療支援プラットフォーム「NOVUMN」の普及活動を進めていく。今後の協議会の主な活動は「個別化医療支援プラットフォーム「NOVUMN」の広報・周知活動」「本プラットフォームの改善のための調査及び研究」「協議会の運営管理」となる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集