メディパルHD/個別化医療支援プラットフォームに賛同・参画

2021年02月22日 

メディパルホールディングスは2月22日、子会社のメディセオ、エバルス、アトルおよび、同社グループ会社である中澤氏家薬業、よんやくが、個別化医療支援プラットフォーム「NOVUMN(ノヴァム)」を共同利用する医薬品卸売企業による協議会である、「個別化医療・医薬品トレーサビリティ協議会」の設立趣旨に賛同し、協議会に参画することにしたと発表した。

<メディパルグループの全温度帯物流機能と同プラットフォームの位置づけ>
20210222medipal 520x300 - メディパルHD/個別化医療支援プラットフォームに賛同・参画

同社グループは、このプラットフォームを医薬品卸売業界共通の仕組みとして活用することにより、流通在庫の適正化や、医薬品廃棄ロスの削減を実現するという趣旨に賛同し、この協議会に参画するもの。

同社グループは、このプラットフォームの活用を通じて、わずかな温度変化等によって有効成分が変質してしまう可能性のある特殊医薬品の厳格な保冷管理を行うとともに、医薬品一つひとつのトレーサビリティを担保することで、医療機関および医薬品卸売企業で生じている医薬品の在庫過多や偏在、廃棄ロスの解消を実現していくとしている。

なお、NOVUMNは、アルフレッサ、PHCおよび富士通 Japanが開発した、IoT(Internet of Things)技術やクラウドを活用した個別化医療支援プラットフォーム。医療機関向けに商用サービスを提供している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集