SGHD/次世代型大規模物流センターが全面稼働を開始

2021年03月02日 

SGホールディングスは3月2日、次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」で、全面稼働を開始したと発表した。

<近未来的なGOALショールーム>
20210302sghd1 520x390 - SGHD/次世代型大規模物流センターが全面稼働を開始

<オートストアの稼働の様子>
20210302sghd2 520x346 - SGHD/次世代型大規模物流センターが全面稼働を開始

<オートストアの俯瞰>
20210302sghd3 520x347 - SGHD/次世代型大規模物流センターが全面稼働を開始

SGHDグループでは、2020年1月のXフロンティア竣工後、国際物流、大型・特殊輸送、ECプラットフォームといったグループ各社の物流機能を順次稼働させてきた。このほどECプラットフォームに導入された自動倉庫型ピッキングシステム「オートストア」の稼働開始を以て、Xフロンティアでのグループ各社の機能が揃い、相互連携が本格化することになった。

Xフロンティアの全面稼働により、配送リードタイムの短縮によるワンストップソリューションの強化が図られることになった。Xフロンティアの中継センターは2層構造で、2020年10月に1層目(1・2階)を、2021年1月に2層目(3・4階)の稼働を開始した。2層目の稼働により、中継センターと5階の国際物流拠点・ECプラットフォーム間が搬送機で直接結ばれ、集荷や仕分け・各方面への発送と物流加工をXフロンティア内でシームレスに行うことが可能となった。処理能力が向上した中継機能とそれぞれの物流機能の融合により、配送までのリードタイムを短縮する。

また、「GOAL」の拠点を構え、グループソリューションのフラッグシップセンターの役割を果たす。Xフロンティアは先進的ロジスティクスプロジェクトチーム「GOAL」の事務所およびショールームも併設している。ショールームでは、訪問された方の物流に関する悩みに合わせて、GOALが受託した国内外各地のソリューション事例を見ることができる。営業拠点とショールームを、デリバリー、ロジスティクス、国際、大型・特殊輸送などのグループが持つリソースが集まるXフロンティアに構えることで、顧客のビジネスに最適な物流ソリューションをよりスピーディーに提案するとしている。

なお、Xフロンティアは、2020年1月に竣工した、佐川急便の大規模な中継センターと、グループ各社が使用する倉庫区画、事務所スペース、一部テナントスペースからなる国内最大級の物流施設。竣工後、2020年2月に国際貨物事業・物流倉庫事業を担うSGHグローバル・ジャパンが入居・業務を開始し、4月にはロジスティクス事業を担う佐川グローバルロジスティクスがECプラットフォームを開設、5月には大型、特殊輸送を担うSGムービングが稼働を開始した。中継センターにおいては、2020年10月の一部稼働を経て、2021年1月から本格稼働を始めている。このたび、佐川グローバルロジスティクスが自動倉庫型ピッキングシステム「オートストア」を稼働開始させたことで全面稼働の状態となった。

■入居する各グループ企業のコンセプトシート
http://www.sg-hldgs.co.jp/x-frontier/pdf/concept_01.pdf

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集