日新/東京都大田区平和島で2.6万トン収容の冷凍冷蔵倉庫竣工

2021年03月02日 

日新は3月2日、東京都大田区平和島で建設を進めていたた「平和島冷蔵物流センター」を竣工したと発表した。

<平和島冷蔵物流センター>
20210302nisshin 520x342 - 日新/東京都大田区平和島で2.6万トン収容の冷凍冷蔵倉庫竣工

20210302nisshin1 520x370 - 日新/東京都大田区平和島で2.6万トン収容の冷凍冷蔵倉庫竣工

同センターは延床面積1万8000m2の冷凍冷蔵倉庫で、収容能力は2万6000トン。

東京港・羽田空港に至近で輸出入貨物の取扱いに優れるほか、都心や首都圏全域への交通アクセスにも優位性のある立地となっている。

設備面では、自然環境に配慮して自然冷媒冷凍機を導入したほか、トラック待機時間の削減やCO2排出量削減のためトラック予約受付システムを導入。BCP対策では屋上に非常用発電機を設置した。

■平和島冷蔵物流センターの概要
所在地:東京都大田区平和島3-2-9
施設内容:冷凍・冷蔵倉庫
敷地面積:6186m2
延床面積:1万8326.24m2
収容能力:2万6341トン(F級1万8960トン、C&F級7381トン)
主な設備:高効率自然冷媒(NH3/CO2)冷凍機、移動ラック、検品室、接車バース18レーン、非常用発電機、トラック予約受付システム

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集