アルフレッサ/患者宅特殊配送サービスのパイロット運用

2021年03月04日 

アルフレッサは3月4日、スペシャリティ医薬品での患者宅特殊配送サービス「Home Care Delivery」を構築し、国内医療機関を対象に CSL べーリング製の血友病薬を配送するパイロット運用をヤマトグループと連携して計画していると発表した。

<患者宅特殊配送サービス「Home Care Delivery」のイメージ>
20210304alfresa 520x267 - アルフレッサ/患者宅特殊配送サービスのパイロット運用

Home Care Delivery は、患者の自宅までスペシャリティ医薬品の特殊配送を行うサービス。配送の間は常に冷蔵温度帯(2~8℃)を維持することが可能であり、患者が住んでいる地域の天候や環境に左右されない、安心・安全に医薬品を届けるサービスとなっている。

サービスの特徴は、真空断熱材の使用により定温配送を実現。春夏秋冬を問わずオールシーズンで冷蔵温度帯(2~8℃)を数日間維持することが可能。ヤマトグループネットワークによる全国配送に対応。GDP 基準に即したオペレーションを行う。

今後、このパイロット運用で得られた結果を踏まえ、患者の利便性やサービス品質の検証を行った上で、全国の医療機関を対象としたサービスへ拡大していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集