デンソー/日通商事とトレーラ火災防ぐ検知システムを開発

2021年04月21日 

デンソーは4月20日、トレーラのブレーキの異常な温度上昇を検知してドライバーに警告する「トレーラブレーキ温度監視システム」を日通商事と共同で開発したと発表した。

<「トレーラブレーキ温度監視システム」>
20210421denso 520x293 - デンソー/日通商事とトレーラ火災防ぐ検知システムを開発

日常点検では気づくことが難しいブレーキの異常を温度推移から検知し、ドライバーの安全確保、物流の停滞回避など社会インフラの維持に貢献する製品だ。

この製品は2021年4月下旬より、日通商事および日本トレクスから販売される。

貨物を輸送するトレーラは、人々の日常生活において重要な役割を担っている。その一方で、路上でトレーラ火災が発生した際には、人命の危険だけではなく、物流の停滞など社会インフラにも非常に大きな影響を与えるため、トレーラ火災への対応が課題となっていた。

今回販売を開始する「トレーラブレーキ温度監視システム」は、トレーラ火災の原因の多くが、ブレーキの異常な温度上昇であることに着目して開発したもの。この製品は、各車輪のブレーキに温度センサーを設置し、3つの異常な温度変化、1.異常な高温、2.急激な温度上昇、3.他のブレーキとの温度差を検知し、ドライバーに警告する製品。

ブレーキの温度推移を常時監視し、早い段階で異常を検知することで、火災などの危険なトラブル発生前にドライバーへ警告する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集