日通/高麗海運と日中間の海上輸送ドア・ツー・ドアサービス

2021年04月27日 

日本通運は4月27日、中国法人の日通国際物流(中国)が、高麗海運(KMTC)の中国本社となる高麗海運(上海)とドア・ツー・ドア一貫輸送サービスの商品化を目的とした覚書を4月13日に締結したと発表した。

<調印式で握手を交わす日本通運の杉山常務執行役員(左)と高麗海運の蘆基龍董事長(右)>
20210427nittsu 520x409 - 日通/高麗海運と日中間の海上輸送ドア・ツー・ドアサービス

高麗海運(上海)は、韓国2位、世界14位の船腹量を保有するKMTCの中国法人として1944年に上海で設立され、主に中国発着のアジア域内海上コンテナ輸送サービスを提供している。

日本通運は高麗海運(上海)と海運業務取引での関係が深く、同社と発着港前後の物流業務(倉庫・配送・通関など)に強みをもつ中国日通が提携することによって、昨今需要が高まっている海外内陸地発着のドア・ツー・ドア一貫輸送サービスが提供できる体制を構築する。

両社は今回の覚書を通じて、まずは中国・日本間の海上輸送ドア・ツー・ドアサービスの商品化を目指し、その後は中国・東南アジア間などKMTCが航路を持つアジア域内へサービスの拡大を検討していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集