LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

鴻池運輸/AI搭載通信型ドライブレコーダーを全車両に搭載

2021年05月21日/IT・機器

鴻池運輸は5月21日、KONOIKEグループが保有するすべての貨物自動車・業務連絡車約2500台に対して、米国・Nauto(ナウト)社製「AI(人工知能)搭載通信型ドライブレコーダー」の導入を進めており、2023年3月までに対象車両への装着を完了する予定と発表した。

<Nauto社製「AI搭載通信型ドライブレコーダー」で検知できる主なリスク項目>
20210521konoike1 520x275 - 鴻池運輸/AI搭載通信型ドライブレコーダーを全車両に搭載

<危険運転検知時に管理者に送信されるレポート>
20210521konoike2 520x374 - 鴻池運輸/AI搭載通信型ドライブレコーダーを全車両に搭載

従来、KONOIKEグループの貨物自動車・業務連絡車に導入していたドライブレコーダーは、交通事故・トラブル発生後の状況確認が主な用途となっており、未然防止としての活用は不十分なものだった。

今回導入する「AI 搭載通信型ドライブレコーダー」は、AI がドライバーのわき見、3急運転(急ブレーキ、急加速、急ハンドル)などを検知すると、車内での警告音でドライバーに注意喚起を行う(わき見運転、車間距離不保持の場合のみ)だけでなく、管理者に対しても危険運転の動画や画像を、通信を介して即座に通知する機能を搭載している。

また、警告の頻度やタイミングなどから、ドライバーごとの安全運転スコアが算出されるため、より効果的で適切な日常の安全運転指導が可能となり、交通事故・トラブルの未然防止が期待できる。

加えて、このドライブレコーダーはクラウド対応のため、従来のドライブレコーダーのように記録されたSDメモリーカードなどを数日に1度抜き出し初期化する必要がなく、ドライバーの負荷軽減にもつながる。

KONOIKEグループは、高い「安全」と「品質」のサービスを提供する会社として、多くの顧客や社会の人々からの信頼を得ることで、今日まで140年以上の歴史を重ねてくることができた。

その根底には「信頼は品質が支え、品質は現場が支え、現場は安全が支える」という考え方があり、全社での意識統一を図っている。このドライブレコーダーの導入を機に現場の安全性を一層高めていくことで、顧客、社会の人々からさらなる信頼をいただけるよう、努めていくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース