岡崎通運/輸出入国際物流サービス取扱い開始

2021年05月31日 

岡崎通運は5月31日、輸出入国際物流サービスの取扱いを開始したと発表した。

主なサービスの概要は、自動車部品メーカー各社より、製品を一括引取し、岡崎通運の倉庫で一時保管する。その後、仕向先に応じて仕分け、輸出貨物については、輸出用梱包、パレットへの積み付け、コンテナ詰めを行った上、港への横持、輸出通関、海外最終仕向地向けの輸送までを一貫して手配する。

また、輸入品についても、顧客の指示に基づいて海外仕出地から本邦向けの輸送手配を行う。本邦港到着後は、輸入通関、コンテナの横持等を手配し、自社倉庫にて開梱、仕分け、一時保管を行った上、国内調達品と組み合わせてジャストインタイムで納入する。

岡崎通運では、本拠とする愛知県内三河地域(岡崎市、豊田市、安城市)に、4か所の高機能物流センター(ロジネット・センター)を設け、10か所以上の外部倉庫を加え1万6000坪以上の倉庫運営も行っており、この施設と輸送キャパシティを活用し、国内貨物と輸出入貨物を一括して取り扱えるサービスを構築している。

なお、岡崎通運は、かねてより愛知県三河地域を地盤とし、自動車部品メーカー各社の国内輸送並びに作業・保管業務を請け負ってきた。各メーカーでの輸出入品の取扱い増に伴い、国内貨物のみならず輸出入貨物も一括して取り扱ってほしいとの要望が強くなってきていることから、今般輸出入等国際物流サービスを開始するに至ったもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集