商船三井/西アフリカ初のFSRUがセネガルのダカール到着

2021年06月17日 

商船三井は6月17日、FSRUの「KARMOL LNGT POWERSHIP AFRICA(カルエムオーエル エルエヌジーティー パワーシップ アフリカ」が5月31日、無事セネガルのダカールに到着したと発表した。

<航行中のKARMOL LNGT POWERSHIP AFRICA>
20210617mol 520x339 - 商船三井/西アフリカ初のFSRUがセネガルのダカール到着

<動画>

商船三井とKarpower International B.V.社(Karpowership)はKARMOL(カルエムオーエル)のブランドの下、FSRUと発電船を組み合わせたLNG発電事業に取り組んでいる。その第1号案件となるセネガル向けプロジェクトに用いられるFSRUが、「KARMOL LNGT POWERSHIP AFRICA」だ。

この船は今後、2019年10月から重油焚きで操業を行っている発電容量235MWの発電船「Karadeniz Powership Ayşegül Sultan」にガスパイプラインで接続される。一連のコミッショニング作業を経てFSRUと発電船を一体運用したガス焚き発電の操業に移行する予定。

この発電船は、セネガルの電力需要の約15%に当たる220MWを安定的に発電しているが、「KARMOL LNGT POWERSHIP AFRICA」と接続することで、より経済的で、環境負荷の低いエネルギー供給が実現する。

記念すべき第1号案件のセネガルプロジェクトを契機に、商船三井とKarpowershipは今後とも世界中で環境にやさしいLNG発電船事業を通じた発電ソリューションの提案を続けていくとしている。

■KARMOL LNGT POWERSHIP AFRICA要目
全長:272.00m
全幅:47.20m
LNGタンク:モス型
LNG貯蔵能力:125,470m3

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集