アスクル/Hacobuの配送案件管理サービス導入、非効率削減へ

2021年06月17日 

アスクルは6月17日、Hacobuの配送案件管理サービス MOVO Vista(ムーボ・ヴィスタ)を、アスクル100%子会社のASKUL LOGISTに導入したと発表した。

これまで、アスクルロジストでは、 協力運送会社への配車依頼をメールと電話で行い、 エクセルで管理しているため手間がかかっていた。

ある荷主の商品を全国のアスクルロジストの物流センターから納品先に配送する場合、毎月500~600の運行手配が発生する。車両手配のために、協力運送会社と集荷日、着荷日、車両、ドライバーの決定等をメール・電話でやり取りする。

しかし、車両手配完了後に、荷主から配送先や配送量の変更依頼が入ることや、協力運送会社から車両やドライバーの変更の連絡が入ることも多かった。変更が発生する度にやり取りが増える。この管理がメールとエクセルでは情報連携がスムーズではなく、状況把握の伝言ゲームも発生しがち。見落としによる配車手配漏れの懸念に加え、他の業務への支障が発生していた。

アスクルロジストは、MOVO Vistaの導入によって、輸配送に関する情報の一元化を実現。これにより、期待する効果として「輸配送状況の見える化」「輸配送業務の自動化(請求書作成、 実績データの蓄積等)」「配車手配・予実管理の時間短縮による業務時間およびコストの削減効果」を挙げている。

導入により、どの配送案件がいつ出荷され、 どの車両が配送し、 いつ配送が完了したかといった、 全ての配送ステータスが、 荷主、 アスクルロジスト、 協力運送会社の3社で見える化され、 タイムリーに共有できるようになる。3社間での伝言ゲームがなくなることで、運行手配業務にかかる時間は約1/3程度に短縮され、車両の手配漏れや配送ミスに繋がる危険性が大幅に減少されることを見込んでいる。

今後、アスクルロジストでは、西日本エリアでの外販の一部からMOVO Vistaを導入開始し、将来的には全国の輸送網へと適応範囲を拡大していく予定だ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集