日通/インド日通が新たに3拠点でGDP認証を取得

2021年06月28日 

日本通運は6月28日、現地法人のインド日本通運(インド日通)が、4月を発効日として、インドのデリー、ムンバイ、アーメ
ダバードの温度管理施設で、医薬品の適正な流通基準である GDP(Good Distribution Practice)の認証を取得したと発表した。

<デリー温度管理施設入口>
20210628nittsu1 520x232 - 日通/インド日通が新たに3拠点でGDP認証を取得

<ムンバイ温度管理施設室内>
20210628nittsu2 520x347 - 日通/インド日通が新たに3拠点でGDP認証を取得

インド日通では、2019年にハイデラバードの国際航空貨物を取り扱う温度管理施設で、GDP認証を取得し拠点運営を行っているが、新たにデリー、ムンバイ、アーメダバードの温度管理施設でGDP認証を取得し、医薬品輸送に求められる安全性と徹底した品質管理を提供していく。

そして、今後は製薬工場が所在する他の地域においても、医薬品輸送のネットワーク拡大を進めていく予定だ。

なお、近年、インドは「世界の薬局」を標榜しており、製薬工場はインド大都市の近郊に点在している。製薬業界はジェネリックを中心とした製薬企業が着実な成長を遂げている中、国内市場への投入に加えて輸出が急拡大しており、今後も活発化することが見込まれている。

■施設概要
デリー支店
名称:インド日本通運 デリー TEMPERATURE CONTROLLED HUB
(NIPPON EXPRESS (INDIA) PRIVATE LIMITED. DELHI TEMPERATURE CONTROLLED HUB)
住所:Khasara No 12/14, Revenue Estate, Near Rao Ganga Ram School,
Kapashera, Delhi–110037, India

ムンバイ支店
名称:インド日本通運 ムンバイ TEMPERATURE CONTROLLED HUB
(NIPPON EXPRESS (INDIA) PRIVATE LIMITED. MUMBAI TEMPERATURE CONTROLLED HUB)
住所 :Unit. No.113, Ground Floor, Marol Co-operative Industrial Estate,
Opp.Marol Bhavan, Makawana Road, Marol, Andheri East, Mumbai–400059,
India

アーメダバード支店
名称:インド日本通運 アーメダバード TEMPERATURE CONTROLLED HUB
(NIPPON EXPRESS (INDIA) PRIVATE LIMITED. AHMEDABAD TEMPERATURE CONTROLLED HUB)
住所 :Godown No. 16, Ratnamani Estate, Sanathlal Bavla Road, Opp. Chehar Bhawani
Temple, Changodar, Gujarat-382210, India

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集