日本郵船/国内初、トランジションボンドを国内公募形式で発行

2021年07月02日 

日本郵船は7月2日、国内で初めてトランジションボンド(第43・44回無担保社債)を7月から国内公募形式で発行すると発表した。

トランジションボンドとは、企業の温室効果ガス排出削減に向けた長期的な移行(トランジション)戦略に則ったプロジェクトへの投資を使途とする債券。

同社は、この社債の発行により、資金調達リソースの拡大を図るとともに、候補となる資金使途を通じた低炭素ソリューションの拡充、並びに脱炭素ソリューションの開発と導入による温室効果ガス排出削減の取り組みを加速させる。

この社債は、経済産業省の「令和3年度クライメート・トランジション・ファイナンスモデル事業に係るモデル事例」に国内で初めて選定されている。

日本郵船は、2018年に海運業界で世界初のグリーンボンドを発行し、その後、グリーンローンやサステナビリティ・リンク・ローンを締結してきた。今後も環境性能に優れた技術への投資を支えるために、ESGファイナンスを推進し、ESG経営をベースとした成長戦略を幅広いステークホルダーの皆様に認知頂くことを目指すとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集