LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

福岡運輸ほか/FCトラック導入に向け輸送実証開始

2021年08月06日/3PL・物流企業

福岡運輸は8月6日、福岡県と県トラック協会と連携し、11月から県内の全水素ステーションを活用したFCトラックの輸送実証を実施すると発表した。

<出発式の様子>
20210806fukuoka 520x390 - 福岡運輸ほか/FCトラック導入に向け輸送実証開始

輸送実証ではトヨタ自動車が市販化前の水素を燃料とするFCトラック1台を使用し、福岡運輸が実際の業務にFCトラックを活用し、チルド輸送を行い、利便性の高い輸送ルートや製品の品質管理の実用性、運転の快適性等について検証するとともにCO2削減量や燃費のデータを取得する。

実証で得た同社のデータはトヨタ自動車と共有し、FCトラックの市販化を後押しするほか、FCトラックの導入メリットやCO2削減量等のデータを運送業者に周知することで、市販化後の普及促進につなげる。

これらの取り組みによってFCトラックの物流業界への普及を促進し、CO2排出量削減の実現を目指すとともに、県が推進するFCモビリティの普及と水素ステーションの整備・活用につなげ、脱炭素社会の実現を目指す。

なお、7月28日には、福岡県庁で出発式があり、服部福岡県知事や福岡県トラック協会の真鍋会長が出席した。

■概要
実証期間:11月16日~12月19日
輸送製品:チルド製品
輸送地域:福岡県内

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース