サンケイビル/単独事業第2弾の物流施設を神奈川県厚木市で着工

2021年09月21日 

サンケイビルは9月21日、神奈川県厚木市で物流施設「SANKEILOGI(サンケイロジ)厚木」を着工した。

<「SANKEILOGI厚木」完成イメージ>
20210921sankei 520x332 - サンケイビル/単独事業第2弾の物流施設を神奈川県厚木市で着工

同施設は地上4階建て延床面積1万4000m2のシングルテナント型物流施設で、2022年9月の竣工を予定している。

施設内には10トントラック12台分のトラックバースや3台分のトラック待機場を整備。倉庫スペースは天井高5.5m、床荷重1.5トン/m2のスペックを確保する。

<広域図>
20210921sankei1 520x328 - サンケイビル/単独事業第2弾の物流施設を神奈川県厚木市で着工

<狭域図>
20210921sankei2 520x340 - サンケイビル/単独事業第2弾の物流施設を神奈川県厚木市で着工

建設地は、東名高速道路「厚木IC」から3.9km、圏央道「海老名IC」から5.1km、小田急小田原線「本厚木駅」からのバス路線も多く、物流の利便性や雇用確保の観点から高い優位性を備えている。

同社単独による物流施設開発は、4月に千葉県柏市で着工した「SANKEILOGI柏の葉」に次いで今回が2棟目。

■「SANKEILOGI 厚木」概要
所在地:神奈川県厚木市恩名5ー18ー32
交通:東名高速道路「厚木IC」3.9km、圏央道「海老名IC」5.1km
敷地面積:6842m2
延床面積:1万4056m2
構造・規模:鉄骨造、地上4階建
着工:2021年9月21日
竣工:2022年9月(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集