安田倉庫/東京都大田区に倉庫用地取得、メディカル物流施設開発

2021年09月30日 
関連キーワード:

安田倉庫は9月30日、東京都大田区において倉庫用地を取得したと発表した。

<(仮称)羽田営業所(羽田メディカルロジスティクスセンター)>
20210930yasudas 520x371 - 安田倉庫/東京都大田区に倉庫用地取得、メディカル物流施設開発

取得用地は東京モノレール昭和島駅に隣接し、首都高速道路羽田線平和島IC、空港西IC至近に位置し、羽田空港や東京湾岸地区へのアクセスに優れ、メディカル物流に最適な立地となっている。また、同社の大井地区・平和島地区の物流拠点に至近の位置にあり、近隣物流拠点との連携によるスケールメリットを活かした運営が可能。

2020年6月に開設した東雲営業所、2021年1月に開設した東雲営業所辰巳倉庫と同様に、医療機器に関わる全ての業務が担えるメディカルロジスティクスセンターとして、取得用地に羽田営業所(仮称)開設を予定しており、メディカル物流サービスの更なる拡大を目指す。

着工は2022年9月、竣工は2023年8月を予定している。

なお、同社グループは、2030年のあるべき姿としての「長期ビジョン 2030」と、長期ビジョンを実現するための計画として中期経営計画「YASDA Next 100」を策定し、事業体制の構築と更なる成長を目指している。その一環として物流事業において物流施設の拡充による事業基盤の強化を図るべく、このたび倉庫用地として東京都大田区の土地を取得したもの。

■概要
所在:東京都大田区昭和島二丁目11番地 19
敷地面積:4206m2(1272坪)
用途地域:工業専用地域
取得日:2021年9月30日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集