グリッド/デジタルとAIでサプライチェーン脱炭素化を支援

2021年10月29日 

グリッドは11月17日、ウェビナー「デジタルツインとAIで実現するサプライチェーンの脱炭素化」を開催する。

20211029grid 520x363 - グリッド/デジタルとAIでサプライチェーン脱炭素化を支援

現在、あらゆる業界で持続可能な社会の実現を目指した脱炭素化の取組みが行われている。

サプライチェーンでは、自社の製品製造工程で排出される「Scope1、2」だけでなく、その前後で発生する輸送や配送をはじめとした「Scope3」も含めたサプライチェーン全体で、如何にCO2排出量を削減するかが重要な課題となっている。

しかし、サプライチェーンは複雑で広大であるため、サプライチェーン全域で削減効果をもたらすソリューション開発はまだまだ進んでいない。

グリッドでは、豊富な社会インフラ分野のAI開発実績をもとにデジタルツインによるCO2排出量の可視化と、AI最適化技術によるCO2排出量の削減を可能とする開発プラットフォーム「ReNom Apps」によって、サプライチェーンの脱炭素化実現を支援している。

ウェビナーでは、「ReNom Apps」がどのようにサプライチェーン全体のCO2削減を実現するかについて、導入方法からその効果までを説明する。

<<セミナーの詳細・申込はこちら>>

■開催概要
日時:11月17日(水) 11:00~12:00
形式:オンラインセミナー(Zoom)
定員:先着100名

■プログラム
・サプライチェーンにおける課題
・スモールスタートも可能にする「ReNom Apps」
・CO2排出量の見える化の方法
・C02排出量削減最適化方法
・サプライチェーンにおける効果
・質疑応答
※予定

発表者:グリッド 取締役/CSO 照井 一由氏

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集