極東開発工業/7億円投じ、「はたらく鉄道車両」の新工場竣工

2021年11月04日 
関連キーワード:

極東開発工業は11月4日、グループ会社である北陸重機工業が本社で、生産の増強を目的として設備投資を行っていた新第一工場および新事務所が竣工したと発表した。

<北陸重機工業 本社 新第一工場>
20211104kyokuto1 520x345 - 極東開発工業/7億円投じ、「はたらく鉄道車両」の新工場竣工

<新事務所 >
20211104kyokuto2 520x351 - 極東開発工業/7億円投じ、「はたらく鉄道車両」の新工場竣工

<新第一工場内 組立スペース >
20211104kyokuto3 520x386 - 極東開発工業/7億円投じ、「はたらく鉄道車両」の新工場竣工

新工場は、国内外で高まる保線用鉄道車両等の需要に対応すべく、生産能力を旧第一工場比で約50%増強することを目指して建替えを実施し、組立スペースおよび塗装ブースの拡張を行ったほか、双方間にレールを敷設することにより作業効率が大幅に向上した。

また、場内に30t クレーン2基を設置することにより、さらに幅広い製品ラインナップの安全な生産を可能とした。

今回、本社事務所棟についても併せて建替えを行い、従業員の業務環境の向上も図っている。投資額は新工場・新事務所合計で約7 億円。

北陸重機工業では今後、さらなる増産と業績の拡大を目指すほか、国内はもとより、近年、発展途上国での鉄道敷設に伴い必要となる保線用鉄道車両の供給を進めることにより、現地での鉄道網の展開と経済発展の一助となるよう、生産活動を進めていく。

極東開発グループでは、この件をはじめとして、主力事業である特装車事業での生産性の向上に寄与する設備投資を積極的に進め、「はたらく自動車」・「はたらく鉄道車両」の製造を通じ、今後とも国内外の社会インフラの構築・維持管理に貢献していくとしている。

<全体パース>
20211104kyokuto4 520x267 - 極東開発工業/7億円投じ、「はたらく鉄道車両」の新工場竣工

■概要
名称:北陸重機工業 本社第一工場 ・ 本社事務所
投資額: 約7億円 (工場・事務所合計)
面積: 敷地面積: 3948m2
   延床面積: 3483m2

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集