遠州トラック/4~9月の売上高11.1%増、営業利益13.6%増

2021年11月09日 
関連キーワード:

遠州トラックが11月9日に発表した2022年3月期第2四半期決算によると、売上高206億500万円(前年同期比11.1%増)、営業利益15億7900万円(13.6%増)、経常利益16億400万円(12.6%増)、親会社に帰属する四半期純利益11億100万円(12.3%増)となった。

売上高は、巣ごもり需要の継続でEC向け輸送が堅調であったことや、工業製品用部品や日用品などの配送センター業務が拡大したこと、前年度第3四半期から連結対象となった小笠運送が期初から連結されていること等により増収となった。また、利益面では主に輸送業務の拡大に加え、業務全般の効率化・合理化を進めた結果、増益を確保した。

主要セグメントである物流事業の売上高は205億3100万円(11.4%増)で、内訳は輸送部門が154億8200万円(10.4%増)、倉庫部門が50億4900万円(14.7%増)だった。

通期は、売上高420億円(6.2%増)、営業利益32億円(1.9%増)、経常利益32億円(0.5%増)、親会社に帰属する当期純利益22億円(2.7%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集