商船三井/「海の豊かさを守る」産学官連携プロジェクトに参画

2021年11月15日 
関連キーワード:

商船三井は11月15日、琉球大学理学部海洋自然科生物系 久保田康裕教授が中心となって進める「海の豊かさを守る」ための産学官連携プロジェクト「Ocean180」”に参画することにしたと発表した。

このプロジェクトは、海洋生物ビッグデータと統計モデルや人工知能(AI)を基に、海の生態系を見える化し、大学等研究機関・市民・行政・企業・金融機関と協働して「海の豊かさを守る」ための長期プロジェクト。

「Ocean180」というプロジェクト名は、劣化する海の状況を反転し改善させるという願いをこめた名称で、生物多様性ビッグデータ分析を基にした実効性のある海の保全再生アクションを推進する。

同社は、船舶運航データ等の提供、海洋生物データと海運データを統合した海上物流での影響の可視化技術の開発に協力。また、同社が推進する海洋生物多様性保護に関する取り組みに、このプロジェクトから得られる情報・知見を活用することで社会実装への協力、並びに各種事業化の検討を進めていく。

なお、同社グループは、2050年までにネットゼロ・エミッションを達成することを目指し、2021年6月に「商船三井グループ 環境ビジョン2.1」を策定した。海洋環境保全や生物多様性保護などに取り組み、人・社会・地球のサステナブルな発展に貢献していくことで、青い海から豊かな未来をひらく、としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集