ファイズ/日本システムクリエイトを子会社化

2021年11月22日 

ファイズは11月22日、日本システムクリエイトの株式を取得し、子会社化することを決議したと発表した。

ファイズグループは、「人と人のつながりで”未来のあたりまえ”を創造する」という経営理念のもと、サードパーティーロジスティクス(荷主が第三者であるロジスティクス業者に対し、物流業務全般を一括して委託すること)をはじめとする EC ソリューションを包括的に提供する企業グループ。

日本システムクリエイトは、情報通信・金融分野を中心としたコンピュータシステムの開発等を行っている会社。同社の株式取得後は、同社グループのDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を図ることにより、同社グループの経営理念の実現を図ることができるものと判断し、このたび、同社の株式を取得することに関する株式譲渡契約書の締結を決議したもの。

取得価額は、日本システムクリエイトの普通株式1億4900万円、アドバイザリー費用等(概算額)2900万円 合計1億7800万円。

■異動する子会社の概要
名称:日本システムクリエイト
所在地:東京都大田区蒲田5丁目37番1号ニッセイアロマスクエア2階
事業内容:コンピュータシステムの開発等
資本金:5000万円
設立年月日:1979年5月
大株主及び持株比率:竹井 眞範 77.8%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集