アマゾン/年末商戦へ物流強化、日本国内で物流・配送拠点を増設

2021年11月25日 

アマゾンは11月25日、ホリデーシーズンを前に日本における物流拠点と配送拠点を強化したと発表した。

<青梅FC>
20211007amazon 520x346 - アマゾン/年末商戦へ物流強化、日本国内で物流・配送拠点を増設

<流山FC>
20211007amazon1 1 520x253 - アマゾン/年末商戦へ物流強化、日本国内で物流・配送拠点を増設

物流拠点であるFCは、9月に東京都青梅市、10月に千葉県流山市で、それぞれ開設した。これにより、保管容量は前年比10%増加し、フルフィルメント by Amazon(FBA)を利用する中小規模の販売事業者が利用可能なスペースも拡大した。

現在、国内20か所のFCでは40万m3以上の保管スペースを確保している。新しいFCには、Amazon Robotics(AR)をはじめとした、高度な技術と自動化が導入されており、顧客の要望にスピーディーに対応する体制が整っている。

また、配送拠点であるデリバリーステーションは、東京都、千葉県、埼玉県に計5か所を新設した。これにより、アマゾンの配送拠点は全国で30か所に拡大した。

このほか、アマゾンでは宅配ネットワーク構築のため、デリバリーサービスパートナープログラム(DSP)によるデリバリーパートナーのネットワークを構築。DSPは、比較的人口の少ない宮崎県、大分県などさまざまな地域で、地元の配送業者がラストワンマイルの配送サービスを構築している。

宅配ネットワークについては、DSPのほかに、東京都、大阪府、千葉県、埼玉県、神奈川県などの日本全国の都道府県で、何千人ものAmazon Flex配送パートナーと連携している。

アマゾンは、これら物流・配送ネットワーク全体で、2021年に数千人規模の雇用機会を創出してきた。さらに、ホリデーシーズンの需要増に対応し、商品の保管能力と配送能力を強化するため、約3000人の追加の雇用機会を創出したとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集