日通/2025年日本国際博覧会(関西万博)を輸送でサポート

2021年12月09日 
関連キーワード:

日本通運は12月9日、「2025年日本国際博覧会(略称:大阪・関西万博」で、主催団体である「2025年日本国際博覧会協会」から、会場内の輸送を行う「場内貨物取扱指定事業者」と出展関係者などの輸送に関する「推奨物流事業者」の指名を受けたと発表した。

同社は、これまで日本国内で開催された過去5回の万博に、 物流事業者として参加し、同社の強みである多様な輸送モード ・グローバルネットワーク ・ 現場力を活かし 、人、企業、地域を結び社会の発展を支えてきた。

この大阪・関西万博でも、コンセプトである 「People‘s Living Lab 未来社会の実験場」に共感し、同社グループの長期ビジョン「イノベーションによる新たな価値創造」を実践する場として 、DXなど先進的な取り組みを駆使し、大阪・関西万博の開催とその成功にむけて企業メッセージ「 We Find the Way 」のもとサポートしていくとしている。

なお、大阪・関西万博は、2025年4月13日~同年10月13日の間、大阪市の夢洲において、「いのち輝く未来社会のデザイン「Designing Future Society for Our Lives」 をテーマとして開催。日本国政府と博覧会協会は、昨年12月1日より招請活動を開始し、150の国、25の国際機関に参加してもらうことを目指して準備が進められている。

■日通の過去の国際博覧会取扱い実績
1970年 日本万国博覧会 (大阪万博)
1975年 沖縄国際海洋博覧会
1985年 国際科学技術博覧会(つくば科学万博)
1990年 国際花と緑の博覧会(大阪花の万博)
2005年 日本国際博覧会 (愛・地球博)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集