LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

JapanFuse/国際貿易の見積査定業務DXサービス強化へ

2021年12月14日/SCM・経営

国際貿易見積査定業務DXサービス「PortX(ポートエックス)」を提供するJapanFuseは12月14日、シードラウンドで、ALL STAR SAAS FUND、ANOBAKAの2社を引受先とする総額7500万円の資金調達を実施したと発表した。

<国際貿易見積査定業務DXサービス「PortX」概要>
20211214jf 520x292 - JapanFuse/国際貿易の見積査定業務DXサービス強化へ

調達資金は、ソフトウェアエンジニアやカスタマーサクセスの採用に充て、「PortX」の開発を強化する。

JapanFuseは、「国際貿易の産業構造を再定義する」をミッションに掲げ、3PL・フォワーディング事業者の見積査定業務をDXする「PortX」を提供している。

「PortX」は、見積もりの規格を統一、データ化、共有、再利用することによる「原価低減」と「業務コスト削減」を実現するサービス。ワンクリックで見積依頼を各運送事業者へ送信でき、空き状況や価格を軸に、回答の自動集計・即時査定を実現する。3PL事業者やフォワーダーは「PortX」による効率化で削減した時間を、よりプロフェッショナルな業務に時間を投下することができる。

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース