日通/旧本社をミネベアミツミに732億円で売却

2021年12月21日 
関連キーワード:

日本通運は12月21日、東京都港区の旧本社をミネベアミツミへ売却すると発表した。

旧本社の土地・建屋(敷地5518m2、延床面積5万3078m2)を732億円で譲渡する。12月24日に売買契約を締結し、2022年4月15日の引き渡しを予定している。

旧本社の売却は、中期経営計画で掲げた非連続な成長戦略の実現に向けた、キャッシュの創出、バランスシートのスリム化の一環。日通は売却資金を有効活用し、企業価値のさらなる向上に努めるとしている。

なお、日通は2022年1月4日のホールディングス制移行に伴い、NIPPON EXPRESSホールディングスの2022年12月期連結決算で、旧本社売却に伴う固定資産売却益約530億円を特別利益に計上する予定。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集