LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アサヒロジスティクス/幹線便開始へ大型ハイブリッド車両導入

2022年02月25日/IT・機器

アサヒロジスティクスは2月25日、関東と中部・関西地区をつなぐ幹線便「Bies Liner(ビィズ ライナー)」の4月20日からの運行開始に向けて、同社初の大型ハイブリッド車両を導入したと発表した。

<車両外観>
20220225asahi 520x313 - アサヒロジスティクス/幹線便開始へ大型ハイブリッド車両導入

車両は日野プロフィアCOOL Hybridで、2台を小牧営業所に導入した。4月20日から愛知県一宮市~神奈川県厚木市間で運行を開始し、スーパーマーケット向け総菜他を輸送する。

<パレットの荷扱い負荷を軽減する装置「エアロ―ル」>
20220225asahi1 520x184 - アサヒロジスティクス/幹線便開始へ大型ハイブリッド車両導入

<引き出し式と埋め込み式の2種の昇降ステップ>
20220225asahi2 520x186 - アサヒロジスティクス/幹線便開始へ大型ハイブリッド車両導入

同車両では、幹線輸送に特化した装備を実装。前後に吹き出し口がある遠隔監視機能付きの電動冷凍機を設置しているほか、薄型の新断熱素材を使用し庫内スペースを確保したことで、3室区分けをしながら18パレットの積載を可能にしている(一般的な大型車両の積載量は16パレット)。また、コンテナ内で商品を移動させる際のドライバーへの負担を軽減する装置「エアロール」を採用するなど、女性でも作業しやすい機能を充実させた。

<コンテナ内ロールカーテン>
20220225asahi3 520x305 - アサヒロジスティクス/幹線便開始へ大型ハイブリッド車両導入

幹線便「Bies Liner」の「Bies」とは、同社のオリジナルキャラクター「アサビィ」と「ももビィ」を指す呼称で、車両デザインにも同キャラクターを採用した。「アサビィ」と「ももビィ」はコンテナ内部のロールカーテンにも描かれており、後部扉の開閉時に現れる仕掛けになっている。

■幹線便「Bies Liner」専用車両概要
車両規格:10トン AMT車 電動冷凍冷蔵車 2台(日野プロフィアCOOL Hybrid)
導入拠点:アサヒロジスティクス 小牧営業所(愛知県小牧市川西1-3-1、日新冷凍運輸名古屋営業所内2階)
運行開始:4月20日(予定)
運行区間:愛知県一宮市~神奈川県厚木市
取り扱い商品:スーパーマーケット向け総菜他

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース