LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

CBRE IM/千葉市稲毛区に6.9万m2のマルチ型物流施設着工

2022年03月08日/物流施設

CBREインベストメントマネジメント・ジャパン(CBRE IM)と長谷工コーポレーションは千葉市稲毛区で開発を進めている倉庫内空調設備付物流施設「(仮称)千葉稲毛物流センター」を3月に着工すると発表した。

<(仮称)千葉稲毛物流センター外観イメージ>
20220308cbre1 520x296 - CBRE IM/千葉市稲毛区に6.9万m2のマルチ型物流施設着工

<位置図>
20220308cbre2 520x312 - CBRE IM/千葉市稲毛区に6.9万m2のマルチ型物流施設着工

<詳細図>
20220308cbre3 520x227 - CBRE IM/千葉市稲毛区に6.9万m2のマルチ型物流施設着工

竣工は2023年6月を予定している。

開発用地は国道16号と東関東自動車道の結節地点に位置しており、都心部へのアクセスに加え、国道16号を利用した首都圏配送にも対応可能な立地。

周辺には複数の住宅集積地が広がり、JR主要駅(稲毛駅、西千葉駅、四街道駅)から発着するバス路線網や大型商業施設・公共施設等が充実していることから、円滑な雇用確保が期待できるエリアとなっている。

(仮称)千葉稲毛物流センターは、地上4階建て、1階と2階にトラックバースを備えた延床面積6万9704.33m2(2万1085.55坪)のマルチテナント型物流施設として開発。1-4階、2-3階の2層使いで、各区画にエレベーター1基、垂直搬送機2基配置することにより十分な搬送能力を確保できる仕様となっている。また、最小区画を約3000坪として、最大6テナントへの分割賃貸が可能。倉庫部分に空調設備を設置する予定で、働く環境に配慮した施設設計を行っている。

■概要
名称:(仮称)千葉稲毛物流センター
建設地:千葉県千葉市稲毛区六方町154番1他
アクセス:東関東自動車道「千葉北IC」3.3km、京葉道路「穴川IC」4km、JR総武本線「四街道駅」2.8km
用途:工業地域
敷地面積:3万2747.37m2
階数:4階建て(スロープにより2階への車両アクセス可、倉庫内に空調設備を設置)
延床面積:6万9704.33m2
着工:2022年3月
竣工:2023年6月予定
設計施工:長谷工コーポレーション

■本施設のリーシングに関するお問い合わせ
CBREインベストメントマネジメント・ジャパン
物流投資部 木村
TEL:03-5251-8068

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース