LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

メディパルHD、HUHD/医療・ヘルスケア領域の物流合弁会社設立

2022年03月24日/SCM・経営

メディパルホールディングスとH.U.グループホールディングスは3月24日、医療・ヘルスケア領域の物流合弁会社「メディスケット」を設立すると発表した。

メディスケットは埼玉県三郷市に本社を置き、資本金2500万円で4月1日に設立する。出資比率はメディパルホールディングスが60%、H.U.グループホールディングスが40%。全国で医薬品等の配送や検体の集荷、ヘルスケア領域の物流受託事業等を手がける計画で、10月1日の稼働開始を予定している。社長にはメディセオの若菜 純 取締役 ロジスティクス本部長が就任する。

メディパルホールディングスとH.U.グループホールディングスは、2020年6月17日に医療・ヘルスケア領域での戦略的業務提携に合意。これまでに同領域でのメディカル物流プラットフォームの構築を目指し、物流機能を融合させ、受発注システムの共同利用や倉庫運営の合理化を進めてきた。

両社が事業を展開する医療・ヘルスケア領域では、社会保障費の増大による医療費抑制策や物流業界の人手不足など、事業環境の変化が急速に進んでおり、ESG・SDGsの観点からより環境負荷の少ない事業運営も求められている。

そのため、国内最大のヘルスケア物流プラットフォームを早急に構築することが最善との判断に至り、両社の取組みを一層加速させていくため、新会社の設立に合意した。

両社は新会社を通じて合弁の具体的な内容に関する検討を進め、9月末日までに最終的な合弁契約を締結し、10月以降、メディパルホールディングスは医療用医薬品等卸売事業の物流機能を、H.U.グループホールディングスは臨床検査と関連事業の物流機能を、順次新会社に移管する予定。

■物流合弁会社の概要
会社名:メディスケット
本店所在地:埼玉県三郷市上彦川戸852-1
設立日:4月1日(予定)
稼働日:10月1日(予定)
資本金:2500万円
出資比率:メディパルHD60%、HUHD40%
事業内容:全国における医薬品等の配送、検体集荷、その他ヘルスケア領域の物流受託事業等

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース