LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

鴻池運輸/成田国際空港ランプハンドリング競技会に協賛

2022年04月22日/3PL・物流企業

鴻池運輸が2017年5月に運営を承継した翔陽学園成田航空ビジネス専門学校は、成田国際空港が2022年5月16日に開催する「第1回成田国際空港ランプハンドリング競技会」に協賛し、同専門学校の「グランドハンドリングコース実習場」を競技会会場として提供するとともに、競技会プログラムの一環で、グランドハンドリングコースの学生によるトーイングトラクターの走行デモンストレーションを実施すると発表した。

<「グランドハンドリングコース実習場」兼「成田フォークリフト教習センター」>
20220422konoike1 - 鴻池運輸/成田国際空港ランプハンドリング競技会に協賛

<走行デモンストレーション(イメージ)>
20220422konoike2 - 鴻池運輸/成田国際空港ランプハンドリング競技会に協賛

KONOIKEグループからも、日本空港サービスの社員2名が、当競技会の選手として出場予定。

成田航空ビジネス専門学校は、2020年4月にグランドハンドリングコースを新設、同年6月には同コースの実習場(校舎+実習地)を構え、高度な専門知識・スキルが必要なグランドハンドリング業務を担う人材の育成に注力している。現在、同コースには1年生16名、2年生9名(2022年4月8日現在)が在籍している。

さらに、同実習場は 2021年4月より「フォークリフト運転技能講習」を提供する「成田フォークリフト教習センター」としても運営中で、これまで187名(2022年4月8日現在)が受講している。

KONOIKEグループは、厳しい状況下にある航空関連業界においても、優れた人材の育成から、より安全・確実な空港内業務サービスの提供に至るまで、今後の業界の復興・発展に、積極的に貢献していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース