LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱造船/仏・船級協会から液化CO2輸送船用タンクのAIP取得

2022年06月08日/IT・機器

三菱造船は6月8日、液化CO2(LCO2)輸送船に搭載する球形カーゴタンクシステムの基本設計承認(Approval in Principle : AIP)を、フランスの船級協会ビューロベリタス(Bureau Veritas : BV)から取得したと発表した。

<独立型球形タンクイメージ>
20220608mitsubishizousen 520x740 - 三菱造船/仏・船級協会から液化CO2輸送船用タンクのAIP取得

<LCO2船用球形カーゴタンクのAIP>
20220608mitsubishizousen1 520x740 - 三菱造船/仏・船級協会から液化CO2輸送船用タンクのAIP取得

LCO2船では、低温・高圧力状態で液化されたCO2ガスをカーゴタンクシステムに格納して輸送するため、カーゴタンクシステムにはIGCコードで規定される独立型タンクタイプCを適用する。

タイプCタンクの構造様式としては、これまで円筒型・バイローブ型・トリローブ型などが一般的だったが、三菱造船では、球形タンク式LNG(液化天然ガス)輸送船の設計・建造で培った高度な構造解析技術、材料評価技術を応用することで、LCO2船用の球形カーゴタンクシステムの開発に成功し、BVからのAIP取得に至った。

球形タンクは、タンク内の圧力に対する構造強度特性が円筒型・バイローブ型・トリローブ型に比較して優れているため、同タンク様式を適用することで一層の配置最適化や経済性向上が期待できる。

<ギリシャ・アテネで開催中の国際海事展「ポシドニア2022」で6月7日に行われたAIP授与式>
20220608mitsubishizousen2 520x341 - 三菱造船/仏・船級協会から液化CO2輸送船用タンクのAIP取得

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース