LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ロジテック/自動仕分けロボット導入完了、業務効率を改善

2022年06月20日/IT・機器

ロジテックは6月16日、自社施設の大井倉庫(東京都品川区勝島)での庫内作業の仕分け工程に自動仕分けロボットを導入し、同日に稼働を開始したと発表した。

<自動仕分けロボット>
20220620Robotettk 520x390 - ロジテック/自動仕分けロボット導入完了、業務効率を改善

コロナ禍以降需要が伸長する物流業では、ピッキング・仕分け作業の工程改善が重要となっており、特にECをはじめとする商品管理と出庫作業では、短納期少量多品種に対応できる3PLに対する需要が高まっている。

このほど導入した機材は、プラスオートメーションが提供する次世代型ロボットソーター「t-Sort」。

同システムは従来のベルトコンベヤー式ソーターと比較して省スペースの運用に優れており、需要や引き受け内容によって適宜レイアウトを変更して業務を行う3PL庫内作業に適している。

特にEC通販顧客の物流アウトソーシングセンターとして運営を行う大井倉庫では、業務効率を大幅に向上させる取り組みとして期待されており、自動仕分けロボットの導入モデル施設として、顧客向けに公開・見学を予定している。

ロジテックは、人手が必要なデバンニングや流通加工、仕分け後の配送手配等と組み合わせて、顧客の物流ニーズに最適な業務アウトソーシングを提案する。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース