LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NTT東/北大発AIベンチャーと配送ルート最適化プログラム開発

2022年07月04日/IT・機器

NTT東日本は7月4日、北海道大学発AIベンチャーの調和技研と共同で、AIを活用した農作物(馬鈴薯)の積荷作業車とトラックの配送ルート最適化プログラムを開発したと発表した。

<AIプログラムの出力イメージ(積荷作業車ルート)>
20220704ntt1 520x518 - NTT東/北大発AIベンチャーと配送ルート最適化プログラム開発

<トラックルート>
20220704ntt2 520x204 - NTT東/北大発AIベンチャーと配送ルート最適化プログラム開発

同プログラムは、集荷希望日・集荷場所、積荷作業車とトラックの台数、優先したい条件(時間や距離等)を入力すると、積荷作業車とトラックの最適なルートを地図上に表示する。

これにより、担当者が地図を見てルートを作成するよりも、トラックの移動距離や待ち時間を少なくし、また、これまで大きな負担となっていた担当者のルート作成時間の軽減にもつながる。あわせて、集荷待ちの減少による馬鈴薯の劣化抑制、トラックの移動距離削減による化石燃料使用量の低減、作業の効率化による労働力不足問題への対応が期待できる。

<馬鈴薯の積込作業と積下作業>
20220704ntt 520x321 - NTT東/北大発AIベンチャーと配送ルート最適化プログラム開発

<現状の集荷作業イメージ>
20220704ntt3 520x409 - NTT東/北大発AIベンチャーと配送ルート最適化プログラム開発

馬鈴薯の集荷では、積荷に必要な作業車(タイヤショベル)と運搬用のトラックを、集荷場から圃場へと配車しているが、これらの車両は台数や運転手に限りがあるため集荷待ちによる農作物の劣化が課題となっており、課題の解決には農作物を効率的に集荷する必要がある。また、日々集荷ルートを作成する担当者の負担や、トラックドライバー不足なども課題となっている。

今後、NTT東日本と調和技研は、同プログラムの機能を拡充させるとともに、2022年度秋の収穫時期にJA士幌町で実際の集荷配送業務による実証実験を行い、効果の検証とAIの精度を高めたうえで、2023年度の本格導入を目指す。同プログラムについては、農業だけでなく経路選択が必要な流通分野への展開も見据えている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース