LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

霞ヶ関キャピタル/京都市に環境に配慮した賃貸型冷蔵倉庫を着工

2022年07月13日/物流施設

霞ヶ関キャピタルは7月13日、同社がアセットマネジメント業務を受託している「LOGI FLAG Fresh 京都Ⅰ」の安全祈願祭を終え、着工したと発表した。

「LOGI FLAG」はロジスティクス品質の向上と、人々の生活を豊かにするべく、時代と顧客ニーズに沿った、環境にやさしく、新しい物流拠点。

<LOGI FLAGの商品説明>
20220713Kasumigaseki 520x218 - 霞ヶ関キャピタル/京都市に環境に配慮した賃貸型冷蔵倉庫を着工

同施設は、京都市内から6㎞圏内という好立地。名神高速道路「京都南」ICから3.5km、近隣の公共交通機関からもアクセスが良く、さらに同地から2㎞圏内の人口は5万7000人、世帯総数で2万2000世帯と人口集積地も至近であることから雇用の確保や配送面で高い優位性を持っている。

また、同施設は環境に配慮した自然冷媒による冷蔵設備を貸主側で設置した賃貸型冷蔵倉庫。建物階層を2層とすることで、倉庫内オペレーションの効率化を図り、京都市内や近隣他府県の消費地に向けての地域配送から中域配送に適した物流施設だ。

建物の一部では冷凍倉庫としての運用もできるよう、防熱処理を施しているため、温度帯を問わずテナントニーズに幅広く応えられる仕様となっている。

■施設計画概要
物件名称:LOGI FLAG Fresh 京都Ⅰ
所在地:京都市伏見区久我御旅町9ー8他
交通:名神高速道路「京都南」IC より3.5km
敷地面積:1万873.24m2(3289.15坪)
延床面積:1万2687.51m2(3837.97坪)
竣工予定:2023年7月末
建物構造:鉄骨造・地上2階(倉庫部分2層)
設計:日本建設 大阪支店 一級建築士事務所
施工:日本建設 大阪支店
入居テナント:未定
https://logiflag.com/

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース