LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

トランコム/物流DXへ、配車計画自動作成システムを開発・導入

2022年07月25日/IT・機器

トランコムは7月25日、物流DXを進める中、配車業務の効率化を目的にした配車計画自動作成システム 「Bridge (ブリッジ)」を導入したと発表した。

開発においては、マルチバリューデータベースを基盤とした製品販売・サービスを提供するシマントと協業した。

同システムは、広く利用されている地図を利用した自動配車と違い、受注データから在庫の所在を確認し、幹線から支線までの一連の配車を積載率にこだわり、半自動配車を実現したことが大きな特徴。複数かつ膨大な組み合わせから、最適な配車パターンを高速で算出し、拠点や在庫量、積載率、出荷日など複数の条件を踏まえた最適な配車計画を作成する。

<配車計画自動作成システム「Bridge(ブリッジ)」概要>
20220725Torankom 520x409 - トランコム/物流DXへ、配車計画自動作成システムを開発・導入

今回導入した物流センターでは、全国で約900台/日の配車を行っており、同システムを導入したことで、数時間かかる業務が10分の1に時間短縮。情報の一元管理により手作業や重複作業で発生していたミスが削減し、配車担当者は40名から23名に省人化、配車業務の属人化の解消につながったという。

最適な車両を効率的に組むことは、配車担当者の熟練の経験が必要で、複数拠点からの出荷を最適化することは非常に複雑な作業だ。配車業務に関わる人員と業務時間は増え続けており、同社はその課題解決を目的に同システムを開発した。

トランコムグループは、ドラックドライバー不足や2024年問題の決に向け、同システムを活用し効率的に「はこぶ」仕組みを構築、提供していくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース