LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

港湾統計速報/9月の主要6港外貿貨物のコンテナ個数3.0%増

2022年11月29日/調査・統計

PR記事

国土交通省が11月29日に発表した9月分の港湾統計速報によると、主要6港(東京港、川崎港、横浜港、名古屋港、大阪港、神戸港)の外国貿易貨物のコンテナ個数(速報値)は、114万801TEU(前年同月比3.0%増)となった。

<輸出入別港湾別コンテナ個数(単位:TEU、%)>

合計 前年同月比 輸出 前年同月比 輸入 前年同月比
合計 1,140,801 103 559,900 102.6 580,901 103.5
東京 358,633 102.4 163,139 102.3 195,494 102.4
川崎 8,307 89.1 4,490 98.4 3,817 80.2
横浜 212,449 105.2 110,532 102.1 101,917 108.7
名古屋 204,357 102.7 105,078 102.7 99,279 102.6
大阪 177,128 101.4 82,286 101.2 94,842 101.6
神戸 179,927 104.8 94,375 104.9 85,552 104.7

内訳は、輸出が55万9900TEU(2.6%増)、輸入が58万901TEU(3.5%増)。

港湾別の輸出入コンテナ個数は、川崎港(10.9%減)のみ減少した。

<コンテナ個数推移表>
20221129kowan 520x193 - 港湾統計速報/9月の主要6港外貿貨物のコンテナ個数3.0%増

関連記事

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース