LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱ロジスネクスト/技能コンテストでサービスの総合力競い合う

2022年12月19日/SCM・経営

PR記事

三菱ロジスネクストは12月19日、日本国内の販売会社など全国400か所以上の営業サービス拠点に所属するサービスマンを対象とした「第2回サービスマン技能コンテスト」を開催したと発表した。同月15日には、最終関門として予選通過者15名による「マイスター選考会」が開催され、5名が“サービスマイスター”に認定された。

<マイスター選考会の様子>
20221219mitubisi2 520x347 - 三菱ロジスネクスト/技能コンテストでサービスの総合力競い合う

同コンテストは、全国のサービスマンに対し、競い合いの場や努力目標を持つ機会を提供し、サービス技能向上への意欲を高めるとともに、販売会社間の交流、学び合いを目的に2019年に初開催。その後の新型コロナ禍を踏まえ、オンライン中継の導入など、感染防止対策を講じた上で、3年ぶり2回目の開催となった。

開催においては、全国で同社製フォークリフトの整備などを担当するサービスマンの中から、販売会社の推薦を受けた71名がエントリーし、予選としてフォークリフトの構造・機構、関係 法令など、整備に必要な幅広い知識を問う筆記試験を実施。予選を勝ち抜いた15名が同社本社(京都府長岡京市)に集まり、実技によりサービス技能を競う「マイスター選考会」に臨んだ。

選考会では、制限時間内にバッテリーフォークリフト、またはエンジンフォークリフトの故障診断を行う形で進められ、顧客役である審査員への応対により、挨拶に始まり、問診、状態確認、不具合個所の特定、修理・部品交換、顧客への説明まで、各出場者が日頃の業務を通じて磨いたサービスの総合力を競った。

審査項目は安全作業を含め50項目以上に及び、技術・知識・応対・安全作業の全てにおいて 優秀な成績を収めた上位5名が、安全・安心・信頼を体現する全てのサービスマンの模範となる“サービスマイスター”に認定された。

<表彰式の様子>
20221219mitubisi3 520x347 - 三菱ロジスネクスト/技能コンテストでサービスの総合力競い合う

<サービスマイスター認定、写真中央がMVPの市毛選手>
20221219mitubisi1 520x347 - 三菱ロジスネクスト/技能コンテストでサービスの総合力競い合う

また翌16日には、認定された5名による「マイスターエキシビション」が開催され、観戦者の投票により、北関東ニチユ小山支店の市毛卓哉選手がMVPに選出された。表彰式で市毛選手は、「サービスマンの模範となるよう引き続き精進し、お客様のために良い仕事をしていきたい」と今後の抱負を語った。

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース