LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

まるやま・京彩グループ/神奈川県平塚市に自社物流センター取得

2022年12月26日/物流施設

PR記事

きもの専門チェーンのまるやま・京彩グループは12月26日、自社所有の物流センターを神奈川県平塚市に取得したと発表した。

<平塚物流センター外観>
20221226maruyama3gif 520x396 - まるやま・京彩グループ/神奈川県平塚市に自社物流センター取得

同施設は延床面積は5014.87m2の物流センター。このほど準備が整い本格稼働を開始した。

<内観写真>
20221226maruyama2 520x358 - まるやま・京彩グループ/神奈川県平塚市に自社物流センター取得

物流センター取得により、「余裕をもった商品管理、維持費の縮小、流通コストの削減といったメリット享受のほか、オンライン販売のための撮影スタジオやショールーム&商談サロンといったブースの設置、加えてオムニチャネル、ライブコマース、メタバースなどのIoT事業にも積極的にチャレンジできる体制が整った」と同社グループ。平塚物流センターでは、物流DXへの取り組みを柱に、IoT事業にも積極的にチャレンジしていく。

<物流DXイメージ>
20221226maruyama1 520x289 - まるやま・京彩グループ/神奈川県平塚市に自社物流センター取得

■施設概要
名称:MKグループ平塚物流センター
所在地:神奈川県平塚市田村8丁目21-9
フロアー:地上3階・地下1階 5014.87m2(1517坪)
エリア:振袖(MK振袖)専門サイト「MK-Style」倉庫、カジュアルきもの「きもの都粋」倉庫、リユース着物「たんす屋」倉庫、たんす屋査定ルーム、撮影スタジオ、ショールーム&商談サロンなど
主な商材:きもの、帯、反物、小物、などのきものアイテム
セキュリティーなど:セコム、監視カメラ、ロビーにおける体温チェックと手荷物チェック

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース