LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アリババ/ネスレ中国、初の直販用スマート物流センター開設

2022年12月26日/物流施設

PR記事

アリババグループの物流部門であるツァイニャオ・ネットワークは12月26日、スイスの食品・飲料大手のネスレと戦略的パートナーシップを締結し、中国蘇州市にて直販用スマート物流センターの開設を発表した。

ツァイニャオの物流・自動化システムなどの最新テクノロジーを導入したネスレの直販用スマート物流センターは、40台の無人搬送車(AGV)を導入することで、手作業によるピッキングの大幅な削減と生産性の最大化を目指しており、作業効率は従来比4倍にまで高まる見込み。また、ツァイニャオのスマートサプライチェーンは、ネスレが市場の変化により柔軟に対応することも可能にしする。

<直販用スマート物流センター開設の発表イベントに参加したツァイニャオとネスレ幹部(写真出典:アリババグループ)>
20221226aribaba1 520x347 - アリババ/ネスレ中国、初の直販用スマート物流センター開設

<ネスレの中国初となる直販用スマート物流センターに導入された無人搬送車(写真出典:アリババグループ)>
20221226aribaba2 520x346 - アリババ/ネスレ中国、初の直販用スマート物流センター開設

2000m2の広さを誇る同物流センターでは、無人配送車が製品を梱包ラインに運ぶことで、約6000件の注文が入る閑散期でさえも、20人余りのスタッフの労働時間を削減することができる。また無人配送車を導入することで、同物流センターのスタッフは毎日平均2万歩もの移動を削減できる。

同物流センターは、ネスレの直販分野の事業拡大とともに、中国市場におけるEコマース事業全体の注文処理も支援します。中国の地方政府による新型コロナ感染症対策により、今年に入ってから中国全土で多くの倉庫が閉鎖された。今後、ネスレは注文処理を同物流センターに移行し、特定の地域における需要増加にも対応していく。

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース