LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ウェザーニューズ/24~26日の大雪情報を市区町村単位で配信

2023年01月24日/IT・機器

PR記事

ウェザーニューズは1月24日、大雪による災害リスクや生活への影響を伝え、対策に役立ててもらうため、スマホアプリ「ウェザーニュース」の「大雪ピンポイント」において、24~26日の大雪情報を配信すると発表した。

<最新の気象見解(1月24日11時時点)>
20230124weathernews1 520x393 - ウェザーニューズ/24~26日の大雪情報を市区町村単位で配信

発表によると、24日から日本の上空には近年で最も強いレベルの寒気が南下する。日本海側では大雪による災害の発生に最大限の警戒が必要。雪雲は太平洋側にも流れ込み、都市部でも雪の積もるところがあるとみている。25日は東京都心でも氷点下まで気温が下がり、道路の凍結や水道管の凍結に注意が必要だ。

「大雪ピンポイント」は、積雪深を1kmメッシュの高解像度で予測する独自の積雪予報データを活用し、今後の雪の予想と雪による生活への影響予測を、市区町村ごとのピンポイントで確認することができるもの。

<大雪ピンポイント イメージ>
20230124weathernews2 520x290 - ウェザーニューズ/24~26日の大雪情報を市区町村単位で配信

現在地もしくは選択したエリアの3日先まで3時間ごとの積雪予想(図1)、翌日までの路面の凍結リスクを「アイスバーン」「デコボコ凍結」「シャーベット」「積雪」の4ランクで表示する路面凍結予報(図2)、雪による鉄道・道路・航空など交通機関への影響予測(図3)を表示する。また、翌朝の水道管凍結予報(図4)も確認することができる。

また、ウェザーニューズが運営する気象情報番組「ウェザーニュース LiVE」では、24 時間生放送で大雪に関する情報を配信しており、専門家による最新の気象解説を見ることができる。同社は「大雪に関する最新情報と懸念される生活への影響を確認し、事前の雪対策に役立てほしい」としている。

■ウェザーニュース「大雪ピンポイント」
https://weathernews.jp/s/sample/?menu=snow_pinpoint

■ウェザーニュース 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/weathernews

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース