LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





NTT都市開発/初の物流施設、大阪府八尾市に着工、延床2.4万m2

2024年06月13日/物流施設

NTT都市開発は6月13日、初の物流施設となる「(仮称)八尾市物流施設計画」を着工した。

<(仮称)八尾市物流施設の完成イメージ>
20240613ntt1 - NTT都市開発/初の物流施設、大阪府八尾市に着工、延床2.4万m2

用地は、西日本電信電話の八尾独身寮の跡地に建設するもので、敷地面積は約1万1850m2。西名阪自動車道「藤井寺IC」まで約3.3kmと、大阪市都心部、広域の双方への配送に対応可能である物流適地。JR関西本線「志紀」駅徒歩8分と通勤利便性にも優れており、就業者の人材確保においても優位性の高い。

施設は、4階建て、延床面積約2万4230m2で、2025年8月下旬竣工を予定している。

庫内は、2区画への分割が可能な計画となっており、シングルテナント・マルチテナント双方に対応可能で、一部空調を実装し、労働・保管環境にも配慮した施設となっている。

BCP対策として最大48時間稼働可能な非常用発電機を設け、防災設備の稼働と災害時の執務対応を可能にしている。

環境性能確保に向け、全館LED照明の採用・太陽光パネルを設置する等などの取り組みを行い、基準一次エネルギー消費量に対して48%削減することでBELSの5つ星を取得するとともに、それらの取り組みを含めて建築物の環境性能が総合的に評価されるCASBEE大阪みらいのAランク(総合評価4つ星)を取得している。

<位置図>
20240613ntt2 - NTT都市開発/初の物流施設、大阪府八尾市に着工、延床2.4万m2

■計画概要
事業名称:(仮称)八尾市物流施設計画
所在地:大阪府八尾市二俣3-8-1,8-2の一部(地番)
敷地面積:約1万1850m2
延床面積:約2万4230m2
階数:4階
構造:鉄骨造
用途:倉庫業を営む倉庫
竣工時期:2025年8月下旬
設計・施工会社:ナカノフドー建設
監修:フクダ・アンド・パートナーズ

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース