LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ユアサ商事/薄型の物に対応 バラ積みピッキングロボ開発

2024年07月03日/IT・機器

ユアサ商事は7月3日、近接覚センサーの活用などを提案するThinkerと共同でバラ積みピッキングロボットを開発したと発表した。薄く繊細な成型物もピッキングできるのが特徴という。

<近接覚センサーで薄く繊細な成型物に対応>20240703yuasa1 - ユアサ商事/薄型の物に対応 バラ積みピッキングロボ開発
20240703yuasa2 - ユアサ商事/薄型の物に対応 バラ積みピッキングロボ開発

今回の開発では、ロボットの指先センサーと2次元(2D)カメラを利用したシステムによって、対象物への距離感を素早く解析。スピード調整できるようにしたことで、薄くて繊細な物のピッキング自動化、省人化に貢献する。

従来のロボットシステムでは、奥行きの距離感を認識することが難しく、対象物を傷つけないようにするには、対象物の重なりを防ぐベルトコンベアーなどの大きな設備や高額な3次元(3D)カメラシステムの導入が必要だった。画像解析に時間がかかることも障壁となっていた。

今後は、薄くて割れやすい物を持ち上げ移動させる作業に生かすほか、樹脂や薄い金属など多様な用途に導入していく予定。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース