LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





【PR】Roboware/ロボット導入した食品物流現場の最新事例を紹介

2024年07月05日/セミナー

月額制倉庫ロボットサービスを提供するRoboware(運営:Gaussy)は7月11日、「食品物流における人手不足やロボット導入による自動化」をテーマにした無料オンラインセミナーを開催する。

958bba7256a9565cb8b1544f2e4af1a4 - 【PR】Roboware/ロボット導入した食品物流現場の最新事例を紹介

短い納品リードタイムや小ロット多品種多頻度納品など、高品質を求められる食品物流現場では人手不足が深刻化しており、自動化に対する関心が急速に高まっている。

セミナーでは、冷凍・チルド・常温食品のバラ出荷現場における自動化の最新事例を紹介。

食品物流の中でも負荷が大きいとされる「バラ仕分け」の自動化により作業効率を大幅に改善した成功事例のほか、実際にロボットを使って様々な食品を仕分けする様子を映像で解説する。

1日あたり数千ピース、繁忙期には1万ピースを超えるバラ仕分けを行っている食品メーカーや物流事業者におすすめの内容となっている。

■開催概要
日時:7月11日(木)14:00~15:00(約60分)
形式:オンライン(Zoom)
参加費:無料(事前登録制)

■セミナー詳細(変更する場合がある)
タイトル:『進化する食品バラ出荷現場の最新レポート』~3温帯食品のバラ仕分け作業におけるロボット活用事例~
1. 立体型仕分けロボット「オムニソーター」とは
2. 食品のバラ出荷現場で選ばれる理由
3. 成功事例に見る自動化成功のポイント
4. 質疑

【このような方におすすめ】
食品のバラ仕分け自動化を検討している
人手不足や作業負荷などの課題がある
食品物流の生産性改善に取り組んでいる
食品物流の自動化に興味を持っている

<<詳細・申込はこちら>>

関連記事

セミナーに関する最新ニュース

最新ニュース