日本郵船/テロ対応訓練を香港で実施

2006年05月29日 

日本郵船(株)は、テロ対応訓練を香港警察と合同で、香港に入港中の当社運航ばら積み船“SUMA”(総トン数:77,372トン)にテロリストが侵入した事を想定してテロ対応訓練を実施した。香港警察との合同訓練は昨年7月に続き2度目。

訓練は、本船にテロリストが潜伏しているとの情報を入手した香港警察が特殊部隊(Special Duties Unit:SDU)の高速ボート隊・ヘリコプター隊、潜水隊をそれぞれ”SUMA”に派遣し、テロリストを捜索の上発見、鎮圧するというシナリオで行われた。

訓練には、東京本社、香港現地法人(NYK LINE Hong Kong)、シンガポール船舶管理会社(NYK SHIP MANAGEMENT)も参加し、香港警察やその他関係機関との情報交換等、テロ発生時における緊急対応につき夫々の役割を再確認した。

最新ニュース

物流用語集