伊藤忠商事/アルジェリア向けLPGプラント工事受注

2007年04月24日 

伊藤忠商事(株)は、石川島播磨重工業(株)(以下:IHI)と共同で、アルジェリアの国営炭化水素公社であるソナトラック社(SONATRACH)から、LPG(液化石油ガス)プラントの増設工事を受注した。

受注金額は約1300億円で、工事内容は設計・調達・輸送・土木・機器据付・試運転を含めたフルターンキーのEPC契約。工事完成は2010年8月の予定。

受注した増設工事は、年間300万トンのLPGを生産する分離・液化用の精製プラントと貯蔵設備を新たに建設するもの。

既設のプラントは、アルジェリア西方のアルズー工業地帯にあるソナトラック社の世界最大のLPGプラント(GP1Z工場)で、1984年に年産400万トンのプラントが完成した後、1998年に年産200万トンの増設工事を行い、今回の増設工事が完成すると年産900万トンの巨大なLPGプラントとなる。

伊藤忠とIHIは、1984年完成の第一期新設工事、1998年完成の第二期増設工事と一貫して本LPGプラントの工事を担当してきたが、20年以上にわたるプラントの順調な稼動が評価され、今回の受注となった。

今回の増設工事は、分離・液化トレイン(年産100万トン×3系列)をはじめ、原料貯蔵用球形タンク(1,000M3×6基)、製品であるプロパン、ブタン貯蔵用タンク(70,000M3×2基)、その他様々な付帯設備を含む大規模なプロジェクト。

最新ニュース

物流用語集