川崎汽船/アジア-紅海コンテナサービスを拡充

2008年02月13日 

川崎汽船は2月12日、ハパックロイド(ドイツ)、ワンハイ(台湾)との協調によるアジア-紅海サービス(CRS)を開始すると発表した。
川崎汽船では、2006年8月からアジア-アデン湾・紅海サービス(RSS)を週1便で提供しているが、新サービス開始により伸張著しいアジア-紅海トレードの需要に応え、週2便体制を整える。
■アジア-紅海サービス(CRS)
サービス開始時期:2008年2月
投入船:1200TEU×6隻による定曜日ウィークリーサービス
寄港地:上海-寧波-香港-蛇口-シンガポール-ポートケラン-ジェッダ(サウジアラビア)-アカバ(ヨルダン)-ホデイダ(イエメン)-ポートケラン-シンガポール-香港-上海
■アジア-アデン湾・紅海サービス(RSS)
寄港地:上海-寧波-香港-蛇口-シンガポール-アデン(イエメン)-ジェッダ-アカバ-アインソクナ(エジプト)-アデン-シンガポール-レムチャバン-蛇口-上海

最新ニュース

物流用語集