双日/プエルトリコで現代自動車の輸入・販売開始、シェア10%目指す

2009年04月03日 

双日は4月3日、プエルトリコで現代自動車の輸入・販売を同月に開始すると発表した。

同社は、三菱自動車工業子会社ミツビシ・モーター・セールス・オブ・カリビアンから営業権や従業員などを含めた現代自動車の販売事業を買収した。100%子会社のソウジツ・デ・プエルトリコを通じて、プエルトリコでの現代自動車の販売拡大を目指す。

ソウジツ・デ・プエルトリコは、プエルトリコでの主力商品の現代自動車ブランド「ブリオ(Brio)」「エラントラ(Elantra)」「サンタフェ(Santa Fe)」に加えて、新モデルを投入する。完成車の輸入・販売に加えて、アフターサービスの部品供給を強化し、ディーラー網を充実させる。

同国での現代自動車の販売実績は、2008年に約2500台。ソウジツ・デ・プエルトリコは、5年後に年間約1万台の販売を見込み、同国内10%のシェアを目指す。

中南米の自動車市場は約600万台で、今後も需要が拡大していくと見られている。双日はベネズエラ、アルゼンチン、チリ、ペルーなどで現代自動車の輸入・販売に携わっており、各国でトップクラスの販売シェアを誇る。

最新ニュース

物流用語集