ヤマト運輸/こども交通安全教室が1万5000回突破、参加児童162万人以上に

2009年11月17日 

ヤマト運輸は11月17日、全国各地の保育所・幼稚園で実施している「こども交通安全教室」の開催回数が1998年の開始以来、累計で1万5000回を突破したと発表した。

こども交通安全教室はセールスドライバーなどの社員が、全国各地で地元の保育所・幼稚園に出向き、着ぐるみなどを用いて交通安全について分かりやすく解説するもの。ことし10月末で開催回数は累計で1万5150回、参加児童数は162万3600人となった。

最新ニュース

物流用語集