ヤマト運輸/こども安全教室参加者が150万人突破

2009年01月16日 

ヤマト運輸は1月15日、全国各地の幼稚園・保育所で実施している「こども交通安全教室」の累計参加者数が150万人を突破したと発表した。

こども安全教室は、セールスドライバーなど同社の社員が着ぐるみなどを用いて横断歩道を正しく渡るなど、交通安全について説明するもの。

最新ニュース

物流用語集