商船三井/小型・可搬式の液面計を開発

2010年01月12日 

商船三井は1月12日、ムサシノ機器とバラストタンク用ポータブル液面計を共同開発したと発表した。

液面計は、計測専用チューブをバラストタンクの測深管内に投入するとチューブ内の空気圧の変化をセンサーが感知。タンク内のバラスト水の液面の高さを短時間で計測するもので、世界初の実用化としている。

船舶の荷役作業では船体の姿勢制御や復原性確保のため、バラストタンクにバラスト水を注水・排水して作業を行うが、バラスト水排出の最終段階では、バラストポンプのエアー吸い込みを防ぐため、タンク内に残ったバラスト水の液面の高さを正確に計測する必要がある。

従来の測深テープによる計測では時間がかかり、複数の乗組員が作業にあたるため負担が大きかった。新開発の検出器は本体は幅35cmと小型で、乗組員が簡単に持ち運びでき、1タンクあたり約10~15秒で液面の計測が可能。本船のエアーを使用するため、ほとんどの船舶に対応できる。

最新ニュース

物流用語集