中部電力/大型LNG船をターミナルに受け入れ

2010年07月13日 

中部電力は7月13日、LNGを積んだ積載容量26万?級の大型LNG船(Q-Max)を、知多LNGターミナル(愛知・知多市)に受け入れたと発表した。

「Q-Max」は、カタールからのLNG輸出で使用されている世界最大のLNG船であり、同級船の入港は日本で初めて。

入港したLNG船(船名:モーザ号、船主:ナキラット社)は、6月19日(日本時間)に、ラス・ラファン港(カタール)を出航し、24日間の航海を経て到着した。

中部電力は、新規建造されるLNG船の大型化を背景に燃料受入設備の増強に取り組んでおり、昨年度は、知多LNGターミナルの受入桟橋を大型LNG船が入港できるよう増強した。従来のLNG船(13.8万?級)の約2倍の積載容量を持つ「Q-Max」の受入が可能となった。

最新ニュース

物流用語集